読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初手ハイボール安定

好きな人は赤城みりあです。嫌いな人は赤城みりあじゃない人です。

【シャドウバース】疾走ビショップ

最近始めたシャドウバースという神ゲーで節目の「A0」に到達することができました。ってわけで、その際に使ってたデッキを紹介します。

まだ始めて1週間しかたってなく的外れな部分もあると思いますが、チンカスの擬人化が米粒大の脳味噌で頑張ったんだなー程度に捉えていただければ幸いです。 

・デッキレシピ

f:id:uty6a3s7212:20160711040927p:image

所謂「疾走ビショップ」ってやつです。

最初はコントロール寄りのビショップを使っていましたが、気分転換に疾走ビショップに手を付けたところなんか勝ててしまったので使い続けました。

ビショップと聞けば「守護でねちねち守ってサタン出す」みたいなイメージを持たれがちかと思いますが、このデッキは中盤以降巨大な虎さんや狐さんを並べてビートしていく中速アグロです。

ですので、本来なら苦手なはずの冥府エルフやウィッチに対して、強いとまでは言えませんがそれなりに戦えるようになってます。

 

・カード解説

詠唱・天馬召喚

f:id:uty6a3s7212:20160711034827p:image

カウントダウン 4
ラストワード ペガサス1体を出す。

1ターン目で引けるか引けないかで展開が大きく変わってくるので勇気の3枚。中盤に引くとゲボカス弱いので何回も2枚にしたいと思いました。

この3という体力が中々にネックで、ドラゴンウォーリアや鉄槌の僧侶や鋭利な一裂きで倒されてしまいますし、マウントデーモンに突撃しても死んでしまいます。
ですので、教理を絡めて素早く展開してさっさと5点ぶつけることを意識して使ってました。 

 

気高き教理

f:id:uty6a3s7212:20160711035319p:image

自分のアミュレット1つのカウントダウンを2進める。
カードを1枚引く。

最初は2枚でしたがこれが絡んだ展開は非常にスピーディーで、腐ることを懸念して2枚しか採用しないよりも引ける確率を高める方が良いなと思って3枚ぶっ込みました。

カウント進めなくても1ドローできるようにしてほしい。 

 

スネークプリースト

f:id:uty6a3s7212:20160711035155p:image

進化前 ⚔1🛡3

守護

進化後 ⚔3🛡5

守護

ベルエンジェルと迷いましたが、ロイヤルを厚くみてこちらにしました。あと、しっかりとリーダーに殴れるのが偉いです。
終盤に引いた時はベルエンジェルの方が嬉しいので、一長一短かなと思います。 

 

詠唱・神鳥の呼び笛

f:id:uty6a3s7212:20160711035558p:image

カウントダウン 2
ラストワード 壮麗なる隼1体を出す。

このゲームは疾走がゲボクソ強いので、このカードも例に漏れずカードパワーが高いと思ってます。体力が4なのがとても偉く、そんじょそこらの小型フォロワーでは2匹でかかってこないと倒れません。カウントも軽く、序盤、中盤、終盤、いつ引いても嬉しい1枚です。

 

鉄槌の僧侶

f:id:uty6a3s7212:20160711035813p:image

進化前 ⚔3🛡4

効果なし

進化後 ⚔4🛡5

進化時 体力3以下の相手のフォロワー1体を消滅させる

進化前バニラサイクル(?)の中でも随一のカードパワーだと思います。アグロ系統やネクロにはマリガンでこいつを狙いにいきます。序盤に盤面を取ったり、終盤にドレッドドラゴンフォルテ等の場をたったの4コスで除去したり、危機的状況を打破することのできるビショップのキーカードです。

 

詠唱・清浄の狐

f:id:uty6a3s7212:20160711040205p:image

カウントダウン 1
ラストワード ガーディアンフォックス1体を出す。

4/5守護を待機1ターンで展開できます。アミュレットを並べる故に序盤ガラ空きになりやすいビショップも、4ターン目には4/4が立ってたり軽めの守護持ちが立ってたりするので、臆することなくプレイできます。教理で1ターン展開できるのもポイント

 

シュラインナイトメイデン

f:id:uty6a3s7212:20160711040329p:image

進化前 ⚔4🛡4

ファンファーレ 自分のフォロワーすべては、「相手の能力で選択できない」を持つ。

進化後   ⚔6🛡6

効果なし

強さがよくわかんなかったですが、疾走ビショップのレシピをググッてる時にこいつの解説を見て試しに入れてみました。ドラゴンのドラゴンウォーリアゴリ押しや、ロイヤルのナイト出しながら除去るやつ(名前忘れた)と疾風怒濤から4/5守護や4/4を守れます。受け寄りのカードに見えますが、全体除去以外は無効化できるので結果的にフォロワーが生き残り、本人の4/4という打点も合わせて次のターンアグレッシブにフェイスに攻撃できます。アミュレットのカウントが5ターン目に解放されることが多く、出しても自分しか効果を得られないという場面は少ないです。

 

アテナ

f:id:uty6a3s7212:20160711040518p:image

進化前 ⚔5🛡4

ファンファーレ
ターン終了まで、自分の他のフォロワーすべてはダメージを受けない。

進化後 ⚔7🛡6

効果なし

審判にしてましたが、メイデンと同じくググッてたら発見したカードです。審判はフォロワーがラストワードで出てきた直後にマナ域に達するので、とても扱い辛く、疑問に思っていたカードでした。しかし、アテナはアグロ寄りのこのデッキには好相性で、デカイ守護を無理矢理突破して場をこじ開けたり、アミュレットから出てきたフォロワーの進化を絡めて相手のエース級を無償で突破したり、審判には無い柔軟性がありました。ここの変更は正解だったと思います。

 

ギルガメッシュ

f:id:uty6a3s7212:20160711040639p:image

進化前 ⚔5🛡4

疾走

進化後 ⚔7🛡6

疾走

こいつがハンドにあると進化絡めて7打点まで計算できるので、盤面に行くかフェイスに行くかの判断がしやすくなります。最初は1枚でしたが、この「試合展開を判断しやすくなる」という要素がとても大きく、2枚に増量しました。

以上で解説終了です。

僕はケルベロスちゃんの太ももでシコったことがあります。

それでは皆様、レッツシャドシコ!アディオス!